FC2ブログ
タイミュージックの良さをお伝えしていきたいと思います。
タイロック
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bodyslam(feat. Siriporn)のキットホットคิดฮอด
2010-10-07-Thu  CATEGORY: bodyslam

kraam_bodyslam.jpg


話題の曲なので...

bodyslam今までも好きでしたが、今回のアルバムには相当ハマりました。
ヘビーローテーションで聴いております。

たくさんのヒット曲が生まれるんだろうなーという予感満載のアルバムではありますが、一番話題になった曲は3枚目のシングルカットとなったこの曲でしょう。
この曲紹介しないのはやはり片手落ちだと思い、記事にしてみました。

モーラムの有名歌手らしいシリポーンという女性?とデュエットしている曲で、大変面白い曲調です。
アルバムの中で最も個性的な曲であるのは間違いありません。

やはりタイ人はこういうの好きなのでしょうね。
ヒットチャートでも長くナンバーワンをキープしていました。

個人的には最初コンビネーションの面白さにひかれて良く聴きましたが、今は普通といったところです。
他の楽曲の完成度が高いので、なんとなく色もの、企画ものっぽく感じてしまいます。

カラオケでの難易度は高いと思います。
歌詞が何言っているかわからない度では最近私のナンバーワンです。

キットホットคิดฮอด


個性的です。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
トラックバック0 コメント6
bodyslamのクワームラックความรัก
2010-09-20-Mon  CATEGORY: bodyslam
kraam_bodyslam.jpg


この曲は凄いです

bodyslamのVCDが発売されて、そろそろユーチューブに新アルバムครามの曲が入ってきました。
このアルバムは一度紹介しているのですが、とにかくすごいクオリティです。

最近CDが売れないから予算削減なのか、ビッグアスにしろポテトにしろ、あのダーエンドルフィンにしたって、「最新アルバムはちょっとお金かかってないなあ」って感じられる出来でした。
それゆえなおさらボディスラムだけが突出して出来が良く感じてしまいます。

作り込みのレベルや楽曲のクオリティは、私がタイロック史上最高最強と思うシリーフールズのレベルに限りなく近いと思います。
個人的に一番好きな曲はスティッカーという3曲目の曲ですが、このアルバムの中でベストはこの2曲目クワームラックでしょう。

前作save my lifeでのオックハックに相当するかと思いますが、静かな立ち上がりから盛り上げてたたみかけるロックバラードは、ボディスラムの世界です。

トゥーンのボーカルは元シリーフールズのトー程の普遍性はないし、ある意味ちょっと濃いのですが、アレンジとか曲調とか全体に気が配られていて、絶妙なバランスで魅力になっています。

歌詞もタイロックとしては異例に重いですが、それもこのアルバムの全体にある重苦しさに適合しています。
素晴らしい曲だと思います。

アルバム全体としては他にも良い曲目白押しです。

クワームラックこれから嫌というほどカラオケで聴くのでしょうね。
パブで演奏するには重すぎるので、あまり定番化しないかもしれません。

クワームラックความรัก



今カラオケで歌えれば確実にウケます。

にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村
トラックバック0 コメント6
Bodyslamのワンワイหวั่นไหว
2010-09-13-Mon  CATEGORY: bodyslam

Drive_bodyslam.jpg



カラオケの定番です

ボディスラムのニューアルバムครามは大ヒット中なわけですが、曲の作り込みのレベルはもはやマニアックなレベルにまで到達しています。
私がもし誰かにタイの音楽を紹介するとしたら、ボディスラムか以前のシリーフールズにします

最新アルバムもすごーく良いのですが、今回紹介するワンワイという曲もまた別の味があります。
セカンドアルバムに入っているのですが、初期のボディスラムが持つ青春ロックの典型のひとつの形です。

イントロの「oh,oh,oh,no,no」というフレーズが印象的な明るくスピーディーな曲調でタイ人には本当に人気のある曲です。

カラオケで良く歌うのですが、早口言葉の様に速い曲なのでなかなかうまく歌うのは難しいですね
歌えると結構ウケます。

ワンワイหวั่นไหว


ボディスラムの最新アルバムからも今後紹介していきたいと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村
トラックバック0 コメント4
bodyslamのサックワンチャンジャディーポーสักวันฉันจะดีพอ
2010-08-21-Sat  CATEGORY: bodyslam

Bodyslam_Bodyslam.jpg



パブの大定番です

前も書いたと思いますが、パブではやる曲というのがありまして、その中から定番曲というのが生まれてくるわけです。

今回紹介するサックワンチャンジャディーポーはもうパブでバンドがコピーする曲の大定番で、どのパブでも一日に一回演奏しない日は無いのではないかというくらいよく耳にする曲です。

初期のbodyslamらしく、軽やかなメロディーラインとテンポで非常にポジティブな印象を受けます。
現在のボディスラムの作り込んだ楽曲とは大分隔たりがあります。
私は今のボディスラムの方が好きですが、昔が良かったという人も多いですね。

若いタイ人だったら誰でも知っている超有名曲です。
カラオケで歌えると必ずウケます。

サックワンチャンジャディーポーสักวันฉันจะดีพอ



ボディスラムの青春路線の代表曲と言えるでしょう。


にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村
トラックバック0 コメント10
bodyslamのヤーピットยาพิษ
2010-08-09-Mon  CATEGORY: bodyslam
Savemylife_Bodyslam.jpg



bodyslamの大ヒット曲

前作save my lifeは、それまで「若者には人気あるけどあまり中身ないなー」という感じだったbodyslamが、まさにsillyfoolsの後継者たる域に踏み込んだ意欲作だったと思います。
一曲一曲のクオリティも高かったですし、アルバムトータルでの完成度も高い。
正直sillyfools以外のバンドがここまで作り込んだアルバム出せるとは思っていませんでした。
このアルバム、驚くほどヒットしまして、現在のbodyslamの地位を築く礎となりました。

そのsave my lifeからのファーストシングルがこのヤーピットでした。
イントロからエンディングまで格好良いわけですが、サビのメロディーが全部裏声というのがちょっとあまり聴いたことのないチャレンジで新鮮です。

若いタイ人なら誰でも知っているので、覚えておくと便利です。
ヤーピットยาพิษ



カラオケでは音が高すぎて歌えないのが欠点です..


にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村
トラックバック0 コメント6
Bodyslamのオックハックอกหัก
2010-07-21-Wed  CATEGORY: bodyslam
Savemylife_Bodyslam.jpg



私のカラオケ定番が、Bodyslamのこの曲です。

昨日タイから戻ってきました。
想像通りではありますが、現地にいる間はブログの更新が難しく、結構長い時間放置することになってしまいました。
情報源の方々ともお会いでき、またダーエンドルフィンのライブも見に行ったりしたので、なかなか充実していたと思います。

現地ではカラオケにも行くわけですが、このオックハックという曲はしばしば歌う機会があります。
オックハックというのは「失恋」という意味です。

歌う機会が多いのはいくつか理由がありますが、
・大ヒットした「Save my life」というアルバムに入っていたため、どこのカラオケにも曲がある
・タイ人も大体この曲を知っているのでウケが良い
・ボディスラムにしては音が高すぎず、歌いやすい
などが主たるところです。

曲もとても良いです。
このSave my life以前のボディスラムはどこフォークソングというか青春ロック的な感じだったのですが、このアルバムからがらっと雰囲気を変えて、非常に作り込んだ、かなりプログレ的な複雑さを持つ曲作りになってきました。
ちょっと昔のシリーフールズを思い起こさせる独創性を感じます。
結構難解な音づくりだと思いますが、それでいて人気ナンバーワンですから、大したものだと思います。

アルバムの中でも特にこの曲は初めから終わりまで非常にカッコ良い、個人的にはbodyslamのベストソングです。

オックハックอกหัก



ちなみにダーエンドルフィンもライブで歌っていましたが、すっかり自分のものにしていて、ある意味本家ボディスラムより良かったです。


にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村
トラックバック0 コメント4
キーワードは『青春』
2010-06-22-Tue  CATEGORY: bodyslam
まだブログを書き始めて半月くらいのほんの初心者なので、手探り状態の中で日々起こることがすべて目新しい状況です。

先日ブログにコメントをいただいているdadamukaさんの「The ディージャイ・マーblog」で当ブログを取り上げていただきました。
これもまた何かとても嬉しく思いました。

ddamukaさんありがとうございます。


さて、タイロックを聴いていて最近きづいたことがあります。
ちょっと奇妙かもしれませんが、どこか青春の香りがすると思うのです。

日本の今日のロックと比較して、タイのロックは純粋にメロディーがよく、ストレートなロックで懐かしい感じを覚えるのです。
私自身もうまく伝えられない部分も多いのですが、日本の70-80年代のロックに時々思うノスタルジックさがあるように感じます。

この青春という視点、また書いてみたいと思います。

青春ソング

初期のbodyslamは、まさに青春ポップスという感じでした。
タイ人でも今より昔のbodyslamが好きという人も多いです。


にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村
トラックバック0 コメント2
bodyslamのアルバム:クラーム(คราม)
2010-06-15-Tue  CATEGORY: bodyslam
kraam_bodyslam.jpg

先週タイにいたので、ボディスラムのニューアルバム買ってきました。

良いですこのアルバム

前作save my lifeも良かったですが、楽曲だけとるとこのアルバムの曲がすきだなあー。

save my lifeはもっとアレンジや曲調もバラエティに富んでいて、まるでイギリスのバンドのアルバムの様な多様性がありましたが、今回は残念ながら前回ほどのアイデアとか国際性は無いように感じます。

でも、メロディが印象に残る曲が多いんですよね、個人的に。

お気に入りは、2曲目、3曲目と7曲目です。
7曲目では、モダンドッグのポッドと共演しています。

特に3曲目が一番好きです。なんとも惹きつけられています。

それから、4曲目も面白い曲です。ルークトゥンの人とのデュエットです。

正直去年でた、PotatoやBig Assのアルバムは、良い曲もあるけれども全体には今一つお金や時間の掛けられていない感じで、タイロックも最近元気ないなと思っていたのですが、流石にbodyslamやってくれました。

しばらく聴きこむことになりそうです。





にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村
トラックバック0 コメント6
<< 2019/04 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


Copyright © 2019 タイロック. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。