タイミュージックの良さをお伝えしていきたいと思います。
タイロック
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
St.Moritz(旧The Ritz)
2010-08-01-Sun  CATEGORY: コヨーテパブ
週末なので昨日に続きちょっと脱線します

タイロック情報を仕入れる場所としてのコヨーテパブという記事でi-Kafeを書きましたが、この手の店は大分メンバーになってきました。
長く続けているところもあれば、もう辞めてしまったところもあります。

今日紹介するSt.Moritzは、以前The Ritzという名前だったコヨーテパブです。
この店は、おそらくドリンク価格がバンコクで一番高く、日曜もやっていないという高飛車な店です。

私はずっとメンバーなわけですが、それほど頻繁に行くわけではありません。
ただこの店、スクンビットソイ11という、この手の店としては異例に街の真ん中にあってアクセスが容易なため、時々つい足を運んでしまいます。
また、アーティストのミニライブも積極的にやっています。
私はここで、Nicole、Roseなどのコンサート見たことがあります。
コピーバンドの演奏も結構いけているので、なかなか欠かせない店です。

店の雰囲気はこんな感じです。



コヨーテのダンスシーンしかないですね。本当はバンドもあるんですが...


にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント8
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
こりゃまた…
コメントdadamuka | URL | 2010-08-01-Sun 17:27 [編集]
どもです。

ハハハハ…
流石なバンコク?高飛車なお店があるんですね(笑)
それでも、集客力があるんだから良いお店なんでしょうね。。。
バンコク在住のお金持ちの皆様が良質?なお姉ちゃんを相手に酒と音楽を楽しむ所ですか…

ところで、พั้นช์ちゃんとかもライブやる可能性あるんですかね。。。気になりますね(^▽^)
こんにちは
コメントkapiraja | URL | 2010-08-01-Sun 19:10 [編集]
taku320さん、こんにちは。
kapirajaです。先日はコメントありがとうございました。

タイのロックにとてもお詳しいですね。
自分はこの辺はちょっと弱くて、あまり(というかほとんど)知識がありません
ので、すごく勉強になります。

自分は感性が古い人間なので、ストリングで好きなミュージシャンというと
アサニー・ワッサンとかバードとか。かなりポップスよりです。

最近はルークトゥンばかりですし。

でも、自己紹介も読ませてもらったのですが、僕も同じ40代ですし、
イギリスの音楽も好きでした。といっても、僕の場合はテクノポップが
主流でしたが・・・。

これからも楽しみにしています。
コメント謎の「BNE男」参上! | URL | 2010-08-01-Sun 19:40 [編集]
おっ、次はSt.Moritzの紹介ですね。
確かに、シャーベットや、その系列のルームメイトあたりが、のしてきているので大分、中心部のCoyoteClubの系譜も変化してきてますよね。
しかし意外と、ラチャダーのクラウディアとかの老舗が好きなボキでつ。
いつか、ご一緒したいですねぇ。

いろいろ、ご教示くだちゃい。
たしか..
コメントtaku320 | URL | 2010-08-02-Mon 18:10 [編集]
dadamukaさん

確かパンチは昔コンサートやったことあると思いますよ。
この手のお店は店がプロモーションの一環で歌手やバンドを呼ぶので、コンサートフィーはかかりません。タイのディスコと一緒です。

場所が良いですから。
ナナからは歩けます。
どうもありがとうございます。
コメントtaku320 | URL | 2010-08-02-Mon 18:17 [編集]
kapirajaさん

コメントありがとうございます。

アサニーワサンは、最近少し聴いているんです。
シリーフールズとかブラックヘッド、Zealとかの親玉でしたからね(過去形ですが)。

私はテクノポップ以前、まだハードロックやプログレッシブロックが主流だったころのイギリスのロックが好きなんです。
(ちなみに一番好きなアーティストはELPです)

プログレファン的な見解でいえば、テクノはもともとプログレの分派みたいなもんだと思っています。
主にドイツでジャーマンプログレといわれていた、タンジェリンドリームやクラフトワークなどが原型かと思います。
最近のクラブミュージックでハウスとかトランスを聴くと、昔のプログレの影響を多大に感じますしね。

大変余談で失礼しました。

いまだにルークトゥンの良さがまったくわからないので、一度ご教授ください。
これからもよろしくお願いします。

大分変ったようですね
コメントtaku320 | URL | 2010-08-02-Mon 18:22 [編集]
謎の「BNE男」参上!さん

中心部にある店って、限定的ですよね。
なぜかラムイントラやカセートナワミン、ラチャダーからラートプラオなど、ちょいと郊外の北東部に固まっているように感じます。

シーナカリンとかサムットプラガーンにもありますが、たまにしか行く機会が無いですね。

かかる音楽が結構違うんですよ。少し離れると。
一度ご一緒しましょう。
ウギャー
コメントTommy | URL | 2010-08-02-Mon 19:47 [編集]
ウギャー!こんな店、行けません。
高すぎて。。。

僕が、あまりロックのライブに行かない理由は、ここにある。
ルークトゥンは、ほとんど無料なのに対し、
ロックは、この手のハコが多く、高いんじゃよ。

イサーンカフェなんか、飲み代含めても500~600Bだからね。
高いですよねー
コメントtaku320 | URL | 2010-08-02-Mon 20:45 [編集]
Tommyさん

確かにこの店はコヨーテパブの中でも破格に高いです。
コヨーテパブで無くても、トンローあたりのパブだと、例えばタワンデーンの1.5-2倍くらいするでしょうね。

日本(東京)に住んでいる感覚からすれば、それでも高いというほどではないと思うんですが、いかがなものでしょうか?

日本のタイパブって、結構値段しますからねー。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 タイロック. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。