タイミュージックの良さをお伝えしていきたいと思います。
タイロック
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイロックなタイ語: 有気音と無気音
2011-01-26-Wed  CATEGORY: タイロックなタイ語
タイポップスのカラオケ歌っていると、最初の方でぶち当たる壁が、
「聴こえる発音が書いてあるのと違う」
というものです。

これにはいくつか要因があるのですが、大きな理由の一つが、「無気音と有気音」です。

タイ語は文法簡単なんですが、発音が難しい言語であることは以前も書きました

発音を難しくしている要因の一つは、以前説明した母音が日本語より多いということですが、子音の側でいえば、「無気音と有気音がある」というのがやっかいな要素です。

やっかいではありますが、タイ語カラオケにおいては「いつかは越えなくてはいけない山」でもあります。

タイ語の教科書を読むと出てくるのですが、

無気音というのは息が口からあまり出ない音です。
有気音というのは、息が口から出る音です。

タイ人はこの音を完全に別のものだと考えていますし、聴きとることができます。

で日本人はどうかというと、よく無気音は日本人発音できないと言われますが、厳密には私の理解は違います。
実は日本人、両方の発音をできるししているのですが、意識してやっていないため、無気音と有気音がどっちがどっちだか区別することができません

よって大事なことは、有気音と無気音を区別して発音するよう意識することだと思います。
どっちがどっちなのかは、実はタイ文字見ないとわからないです。
カラオケの下に書いてある英語の発音記号では、厳密な区別がされていないように思います。

なんだよ文字覚えるのか、と言われると困ってしまいますが、でもヒントはあります。

無気音は4文字、すなわち

 ・コーカイก
 ・トータオต
 ・チョーチャーンจ
 ・ポープラーป

しかありません。他はすべて有気音です。


なので、この4文字がカラオケの中で斜め見して出てきたら、「無気音なんだ」と意識して歌うというのがポイントです。

ちなみに、コーカイとチョーチャーンは無気音で発音すると、日本語でいえばコではなくゴ、チョではなくヂョに近いです(タイ語の先生には怒られますが)。

いかがでしょうか、無気音に気をつけると俄然タイカラオケもそれらしく聞こえてくるので、是非取り組んでみてください。


なお、この解説は私なりの理解法なので、学校の先生には怒られるかもしれませんが、そこは素人の勉強ネタと思って暖かいコメントいただければと思います。


ランキングに参加しています。
励みになりますので、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント8
<< 2011/01 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 タイロック. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。