タイミュージックの良さをお伝えしていきたいと思います。
タイロック
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイロックなタイ語の発音
2011-01-17-Mon  CATEGORY: タイロックなタイ語


タイ語は発音が難しいと書きましたが、難しさはどこから来るのでしょうか?

理由は実にシンプルで、主に2つです。

 理由1: 日本語には無い発音がある(母音・子音とも)
 理由2: 声調が厳密である


実は日本語にも声調があるのですが、学校では教えません。
また、声調が違っても日本語は通じます。
日本の田舎に行ってアクセントがおかしいと思うことはあっても、通じないということはあまりありません。

比較してタイ語・タイ人は発音の間違いや声調の違いにきわめて敏感です。
これは、同じような声調言語を持つベトナムだと、もっと厳密で、なかなか通じません。
おそらく、短音節の言語で声調によって単語のバリエーションを出しているためにそうなっているのだと思います。

ただ、カラオケを歌う場合、ストリング系は声調ほぼ無視です。
(ルークトゥンは声調を意識したメロディーになっていると聞いたことがありますが、真偽のほどは定かではありません)

よってタイカラオケで気を配るべきは発音なのですが、日本人は発音の種類が日本語より多いことに若干アレルギーがあるように思います。

実際にはそんな難しくなく、きちんと学習すれば一日で理解できる程度のものです。

具体的に母音で言いますと、
ア: 2種類
イ: 1種類
ウ: 2種類
エ: 2種類
オ: 2種類
都合4つ日本語より母音の種類が多いことになります。
で、短母音と長母音というのも厳密に区別されます。

裏返すと、4つ余計に発音を覚えればよいだけなのです
そう考えると母音は簡単ですね。

難しいのは子音の方です。
これは学校で習わないと、なかなかうまく発声できません。
難しいのは、ヨーヤック、ウォーウェーンあたりですね。

独習するとすれば、CDを注意深く聞くということになるのでしょうか。

いずれにせよ、きちんと整理すればそんなにタイ語難しいものではないと思います。

お役に立てましたか?


ランキングに参加しています。
励みになりますので、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント12
<< 2011/01 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 タイロック. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。