タイミュージックの良さをお伝えしていきたいと思います。
タイロック
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Crescendoのジャイクラーングクワームジェッププワットใจกลางความเจ็บปวด
2010-06-23-Wed  CATEGORY: Crescendo
fourdays_crescendo.jpg


ご存知の方多いと思いますが、タイのレコードレーベルは「Grammy」と「RS」の大手2社でマーケットの大部分を占めています。
dadamukaさんがお好きなパンチもダーエンドルフィンもbodyslamもBig AssもみんなGrammyです。
大手2社ではロックテイストが強いアーティストはほぼGrammyです。
RSはアイドル系に強く、私はあまり聴きません。

CrescendoはSony所属のグループです。
私は経緯がよくわかりませんが、昔ベーカリーミュージックというレーベルがありまして、
そこが多分ソニーに買収されたか何かしたのでしょうね。
Grammyとはまた違う、個性的なバンドがいくつかあります。
タイロックを聴いていると、いつかは踏み入らなければならない道程、それがベーカリーです。

Crescendoは昔の曲もなかなか格好良いのですが、ボーカルが変わってから発表されたこの曲が最高です

切なくて美しい曲です


にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント8
<< 2010/06 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


Copyright © 2017 タイロック. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。