タイミュージックの良さをお伝えしていきたいと思います。
タイロック
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sek Losoのアライゴーヨームอะไรก็ยอม
2010-10-19-Tue  CATEGORY: Loso
Entertainment_LOSO.jpg


タイプでないアーティストでも、良い曲は良いですね

このブログで何回か書きましたが、Losoがあまり好きではありません。
すごく演歌っぽいというか、古臭く感じるんですね。

Loso自身はとても有名だったので、タイポップスに興味のないころから名前は知っていました。
当時の印象は、「演奏はうまいけど曲は田舎くさいなあ」というものです。

今も基本的にはあまり好んで聴きませんが、さすが一世を風靡したバンドだけあり、ヒット曲はたくさんあります。
以前に紹介したこの曲も大好きですが、この曲Entertainmentというアルバムに入っているアライゴーヨームも素晴らしい曲だと思います。

先日インサックさんとタイでお会いした時にこの歌歌われていて、ああやはりいい曲だなあと思いました。
聴いていてもいいですが、自分でカラオケで歌ってもとても気持ち良く歌える曲です。

Losoはバンコクの若い人には受けませんが、田舎の人には絶対的な支持がありますので、この曲カラオケでできるようにしておくと、地方のカラオケや地方出身者とバンコクでカラオケする時はとても有用です。
そういう意味でお勧めです。

アライゴーヨームอะไรก็ยอม


ちなみにアライゴーヨームというのは、なんでも認めちゃう、くらいの感じで、タイ語としてもよく出てくる表現です。応用系といいますか、たとえばアライゴーダイ(なんでもOK)とか、ティーナイゴーパイダイ(どこでも行くよ)なんてよく使いますね。

お役に立てましたか?
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
Sek Losoの14イーククラング 14 อีกครั้ง
2010-08-19-Thu  CATEGORY: Loso
Blackandwhite_SekLoso.jpg



いい歌ですね

Losoは私がタイロックに興味を持つようになるずーっと前に一世を風靡した3人組バンドです。
解散したんですが、例によってタイ音楽業界の慣習にのっとり、ヴォーカルのSekがSek Losoとして活動しています。
ご存知の方も、私より詳しい日本人もたくさんいらっしゃると思われます。

前回書いたように、私はLosoをあまり好みません
私の嗜好に合わないからです。
私には、Losoの音楽、フォークソングや民謡の様に聴こえます。
格好良く無いのです。

これはバンコクの若いタイ人も大体同じですね。
Sillyfoolsは格好良いけど、Losoはダサいと思っているようです。
感覚があんまりずれていなくて少し嬉しかったりしました。

食わず嫌いは一番嫌いなので、Losoも一通り聴いてみたのですが、
人気ナンバーワンバンドだったのですから、当然良い曲もいくつかありました。

その中で私はこの14イーククラングという曲が気に入りました。
後は、アライゴヨームですかね。

私がカラオケで歌うことは無いと思いますが、
Losoの中ではお勧めです。

14イーククラング 14 อีกครั้ง



思い入れが少ない紹介で申し訳ありません。


にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村
トラックバック0 コメント4
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 タイロック. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。