タイミュージックの良さをお伝えしていきたいと思います。
タイロック
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sherbet
2010-10-02-Sat  CATEGORY: コヨーテパブ

sherbet.jpg


Sherbetはエカマイにあるコヨーテパブです

コヨーテパブって意外と遠いところにあって、言葉の問題も含めて日本人が遊びに行きづらいのですが、シャーベットは、コヨーテパブの中ではリッツ(St.Moritz)と並び最も日本人がアクセスしやすいエリアにあります

リッツはソイ11というどちらかというと白人のテリトリーですが、エカマイはトンローと並び日本人エリアですので、シャーベットの方が日本人客が多いですね

フロアにタニヤにいるようなスーツ着たサラリーマンがたくさんいる光景を見ると、とても奇妙な違和感がありますが、店の中身はクオリティの高いコヨーテパブです。

私の中ではi-Kafe(旧カリビアン)がコヨーテパブナンバーワンですが、シャーベットのPRもなかなかのものです。

こちらのバンドも演奏力は結構ありまして、男性ボーカルと女性ボーカル交互に歌うのですが、特に女性ボーカルは良かったです。
演奏する曲は近くのミューズやファンキーヴィラでかかるような音楽も結構やります。
例えば25Hoursのทำได้เพียงとかですね。

お店の感じはこちらから。


バンコクを訪れた時、タイロックの流行を感じ取るには、こちらもなかなかお勧めの店です。



人気ランキング引っ越しました
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント4
The Resort
2010-08-15-Sun  CATEGORY: コヨーテパブ
logo_TheResort.gif


老舗のクラブです

カリビアンと並び称されるコヨーテパブの有名店です。
PRの質はバンコク一でしょう。

場所はラチャダピセーク通りのソイ13入ってすぐ左手。
ホイクワン交差点のすぐ近くです。

ここもバンドやショーは結構いけています。
バンコク人相手の良い選曲しますので、情報収集には向いています。

このクラブも、アーティストを定期的に招聘しています。
7月はパンチとエム、8月はボディスラムだったようです(行きたかった!)。

ここの難点は、音響がうるさすぎることですが、良い店であることは間違いありません。

ウェブサイト
http://www.theresortclub.com/index.php?lang=en


リゾートに来たアーティスト

パンチ
theresortclub_com[mp10]_02

ボディスラム
theresortclub_com[bs10]_26



にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村

トラックバック0 コメント2
St.Moritz(旧The Ritz)
2010-08-01-Sun  CATEGORY: コヨーテパブ
週末なので昨日に続きちょっと脱線します

タイロック情報を仕入れる場所としてのコヨーテパブという記事でi-Kafeを書きましたが、この手の店は大分メンバーになってきました。
長く続けているところもあれば、もう辞めてしまったところもあります。

今日紹介するSt.Moritzは、以前The Ritzという名前だったコヨーテパブです。
この店は、おそらくドリンク価格がバンコクで一番高く、日曜もやっていないという高飛車な店です。

私はずっとメンバーなわけですが、それほど頻繁に行くわけではありません。
ただこの店、スクンビットソイ11という、この手の店としては異例に街の真ん中にあってアクセスが容易なため、時々つい足を運んでしまいます。
また、アーティストのミニライブも積極的にやっています。
私はここで、Nicole、Roseなどのコンサート見たことがあります。
コピーバンドの演奏も結構いけているので、なかなか欠かせない店です。

店の雰囲気はこんな感じです。



コヨーテのダンスシーンしかないですね。本当はバンドもあるんですが...


にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村
トラックバック0 コメント8
i-Kafe
2010-07-31-Sat  CATEGORY: コヨーテパブ
新しいタイロック情報を仕入れる時の主要ルートの一つがパブなわけですが、バンコクには大別して2種類のパブがあります。

一つは日本のディスコの様な場所で、例えばラチャダピセークや、RCA、トンロー・エカマイのあたりなどにあって、バンドがコピーを演奏しているところが多いです。
あと、カオサーン、オートーコーに低所得者・若者向けの店がありますね。
まあDJがいてバンドの合間にヒップホップをかけたりしているわけです。
でかいハコの場合、エリアごとに音楽が異なるSlim/Flixのようなところもあります。

もう一つは総称してコヨーテパブと呼ばれる、タイ人の金持ち用の遊び場です。バンドやDJもいますが、コヨーテと呼ばれる女性がダンスをしていたり、PRと呼ばれる女性が同席したりして音楽やショーを楽しむところです。

私はパブも好きなんですが、コヨーテパブに行くことが多く、そこで、タイロックの新曲を仕入れることが多いです。
特に私の一押しはメンジャイ交差点近くのi-Kafeという店です。
ここは旧カリビアンのオーナーが新たにオープンした店なんですが、カリビアン非常に思い入れのある店で、オープン当初からずっとメンバーでした。
i-Kafe正直カリビアンより面白く無いですが、それでも私の中ではコヨーテパブナンバーワンです。

パブの場合、流行っている店だと混みすぎてひといきれで疲れてしまったり、音が大きすぎてちょいとうるさかったりすることもありますが、i_kafe音響もちょうどよく、ゆったりした席で楽しめるので良いんですよね。

たまにトンローあたりのパブだとあまりにもインディーズとかマイナーなのばっかり演奏して参考にならない時があるんですが、コヨーテパブのバンドは良い塩梅に流行曲とマイナーなのミックスしてやってくれるので役に立ちます。

私はTattoo ColourやThe Richiman Toy、MildなどはCDではなく、コヨーテパブで良い曲だなと思って聴くようになりました。

i-Kafeの紹介ビデオ



今回はオチがあまり無いのですが、これからも時々こういうところも紹介してみたいと思います。


にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村
トラックバック0 コメント8
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 タイロック. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。