タイミュージックの良さをお伝えしていきたいと思います。
タイロック
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイロックなタイ語: 高子音・中子音・低子音
2011-02-17-Thu  CATEGORY: タイロックなタイ語
無気音と有気音のことを前回書きました
この二つはタイカラオケ歌う上で重要な要素なので、難しいながらも書き出してみました。

今回書く「高子音・中子音・低子音」は、声調と呼ばれるタイ語の音の高さ・アクセントに影響のある項目です。タイ語で一番厄介なところの一つです。
で、実は
タイポップス歌うにあたって、あまり必要ではありません

というのは、特にストリング系タイポップスにおいて声調はあまり重視されていないからです。
昔はともかく、最近のタイロック・ポップスは、ちょうど佐野元春以降の日本ロックと同じように、音楽へのノリとかを重視して本来の声調は前後から類推するという方向に進んでいるようです。

ですので、タイロックなタイ語というタイトルとは直接関係ありませんが、タイ語学習の中では最難関の項目の一つなので採り上げてみた次第です。


大げさに書きましたが、実はたいしたことではありません。

タイ語の子音には、実は文字ごとに3種類の音の高さの定義が割り当てられていて、各種類をそれぞれ

・高子音(アクソンスーング)
・中子音(アクソンクラーング)
・低子音(アクソンタム)

と呼ぶ。


これだけのことです。
やっかいなのは、子音が3つの種類のどのグループなのか、文字ごとに暗記する必要があるということです。

こればっかりは覚えるしかありません。
覚えない限り、日本人がタイ語を正確に発音して読むのは限りなく不可能に近いと思います。

覚えるにあたって、今回も私が気付いたヒントらしきものがあります。
なお毎回書いておりますが、私はタイ語の先生ではないので、間違っていてもご容赦ください。
ご指摘いただいた分については、後ほど訂正いたします。

ヒント:
①子音のほとんどは低子音グループで、高子音と中子音は少ない
よって、高子音グループと中子音グループを覚えて、それ以外は全部低子音と考えると楽です。

②前回説明した無気音の4子音は、すべて中子音
無気音の中子音コーカイก・トータオต・チョーチャーンจ・ポープラーป以外で良く使う中子音はドーデックด・ボーバイマーイบ・オーアーンอくらいでしょう。ドーチャダーฎとトーパタックฏはタイ人でも書き方が適当な人がいるくらいマイナーです。

③サ行はほとんど高子音
ソースアส・ソーサーラーศ・ソールーシーษすべて高子音でサの行で低子音はソーソーซだけです。

後の文字は高子音覚えてください。


以上で高子音・中子音・低子音覚えられました。

理屈は意外と簡単?だと思うのですが、いかがでしょうか(^^)
ちょっとマニアックでしょうか。

文字ごとの音の高さがタイ語でどのように使われるかは、また書きたいと思います。



ランキングに参加しています。
励みになりますので、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント7
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントマス | URL | 2011-02-17-Thu 22:47 [編集]
中子音の覚え方で学校で習ったのは、

ไก่ จิก เด็ก ตาย บน ปาก โอ่งの流れで、ฎとฏは自力で覚えますww
ガイ チック デック ターイ ボン パーク オーング
意味は 「鶏が子供をついばんで、水がめの口の上で死んだ」という
非常によろしくない内容ですが、このゴロだと意外に覚えやすいかなと思います。

参考までに。
そうなんですよね。。。
コメントdadamuka | URL | 2011-02-18-Fri 03:00 [編集]
どもです。

そうなんですよね。。。
こーいう基本的なことをしっかりやらないといけないんですよね(^^ゞ
私は適当にスルーしてしまったので、、、
タイ語の基本的なことを教えてもらえると勉強になります(^^)

これからもお願いしますm(_ _)m
マスさん
コメントtaku320 | URL | 2011-02-18-Fri 15:35 [編集]
このごろ合わせ、私も聞いたことがあります。
タイ人に教えてもらったので、どこかの学校だったのでしょうか。

中子音は見慣れた、良く使う子音が多いですよね。2つを除いて。

ありがとうございます。
dadamukaさん
コメントtaku320 | URL | 2011-02-18-Fri 15:38 [編集]
理屈だけはそんなに難しくないので、タイリンガル等で習得されてみたらどうでしょうか。

音の高さがわからないと、常に声調記号や末子音を丸暗記する必要があって、とても難しいことになってしまいます。

是非この機会に取り組んでみてください。
この辺りは、たいしたことないんだが、
コメントTommy | URL | 2011-02-21-Mon 14:20 [編集]
これに、声調記号&末子音&ห○による声調変化が入ってくると、複雑になるんだよね。

まさに、子音の区分は、上記の声調変化のためだから。
Tommyさん
コメントtaku320 | URL | 2011-02-21-Mon 14:43 [編集]
いやあ、私の様な凡人にはこのあたりの理解でさえもなかなか難しかったです。

おっしゃる通り、この後末子音と声調記号、ホーナムオーナムが出てきてごちゃごちゃします。

音の高さの話は、前置きみたいなものですね。
何故、子音に高中低とつくんでしょうか?
コメントMASA | URL | 2014-12-08-Mon 20:21 [編集]
>タイ語の子音には、実は文字ごとに3種類の音の高さの定義が割り当てられていて、各種類をそれぞれ

・高子音(アクソンスーング)
・中子音(アクソンクラーング)
・低子音(アクソンタム)

>と呼ぶ。

>これだけのことです。

全く分からない要領の得ない記述ですね。
何がコレだけ?
分類するだけなら、ABCとか123とかでいいと思うのですが、
何故、高中低と分けられているのでしょうか?
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 タイロック. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。